アパートの購入をする前に準備するもの

不動産経営は、一昔前までは土地を保有している地主さんが行うというイメージでしたが、昨今は会社員の方でも不動産経営は多くなりつつあります。不動産経営に乗り出す背景には、子供への将来の財産目的や、自分たちの老後の収入のためなど理由は様々です。アパート経営を行うためには、アパートの購入が必要になります。その際に、新築アパートを購入すべきか、中古アパートを購入すべきか悩ましいところです。両者の利点をしっかり理解した上で選択することが大切です。理想のアパート経営を行うためには、管理会社の協力も必要不可欠です。まずは、親切丁寧な管理会社を見つけ、良いアパートを慎重に選りすぐることが重要です。管理会社の多くでは、色んな生活スタイルを考えたプランを用意しているので気軽に相談してみるのも良いです。

アパートを購入の際に注意すべき点

初心者の方が不動産経営を始める際には、土地を購入してアパートを建てるよりも、すでに建っている中古アパートを購入する方が適しています。ですが、ローンの審査が通りにくいことが挙げられるので、自己資金が多く必要となる場合があります。築年数が経っている物件であれば、購入後修繕が必要となります。また、購入した物件に入居者がいる場合はすぐに家賃収入を得ることができますが、入居者がいない場合では当然ながら家賃収入の見込みはありません。中古アパートを購入の時には、なぜ売りに出されているのか、利益の見込みはあるのかなど、資金投資をしてよい物件なのか冷静な判断が求められます。これらに加えて、立地場所、間取りが1人用か、ファミリー用かによっても需要度の差が生じてくるので、検討の際に十分注意することが大切です。

アパートの購入の前に準備すること

納得した物件が決まったら、専門家に意見を仰ぐことが必要です。自分で把握できていたとしても、不動産経営が素人であれば、見落としている箇所はあって当然です。このような点を見直すためにも、不動産仲介会社や管理会社に問い合わせるようにします。アパートを購入の際にローンを組むようになりますが、この時に選ぶ金融機関は、自分が住んでいるエリア支店の口座が一般的です。また、ローンには金利が上乗せされるので、少しでも安い金融機関を選ぶことが重要です。金利が高いと月々の支払額が増えるので、当然収益は減ってしまいます。無理なローンを組んでしまうと、後々赤字となり首が回らなくなってしまう事も考えられるので、収支計画を立てておくことはとても重要です。入居者が入ったのちに必要となってくる、管理体制についても決めておくことが大切です。自身でアパート管理を行なうのは難しいことから、プロにお願いすることが必要です。