アパートの購入シミュレーション

アパートを購入して経営する方法は、不動産投資の一例において真っ先にイメージされるポピュラーな投資法です。初めての投資の方でも分かり易いように、売買のタイプを分析します。アパートを購入して利益を出す方法は、大まかにいって二つです。購入時よりアパートを高く売却し、その売却益でプラス収支を狙う方法です。もう一つ挙げられるのが、アパートを購入して賃貸物件として入居者に貸し出し、毎月の家賃収入を得て長期的な利益を得る方法です。どちらの売買目的であっても、最終的な利益を出すには経験とコツが必要です。近年では一棟まるごとのアパート売り出しから一室単位での購入が可能なタイプまで単位が分かれていますので、初めての購入の際にはお試しの意味で、まずは一室単位の購入から初めてみることをお勧めします。

アパートを購入する際に注意する物件のポイント

アパートを購入する場合、賃貸に出すにしろ物件として売り出すにしろ、人々のニーズを理解しての物件選びが必須となります。アパートを購入する場合に最優先で判断条件に入れる必要があるのが、立地です。駅からのアクセスや市街中心地からの距離、目的物件の周りの店舗を加味した利便性によっても売れ筋は変わってきます。アパートの築年数が古い一棟単位で買い上げる場合には、特に注目すべきポイントです。一棟買いの場合であれば、建物が老朽化する事によって物件価値が減少したとしても、建物を取り壊して土地を売り出す事も可能です。立地によってはその時の価格変動により、大きな利益を見込めます。賃貸に出す場合には、立地とアクセスによる入居率の高さもチェックすべき項目です。その次に考慮すべきなのが、築年数とアパートそのものの機能です。その他にも、セキュリティシステムの充実や共有施設の豊かさがポイントとなります。

実際にアパートを購入する場合のシミュレーション

ここでは既に建築されているアパートを購入する場合を想定し、シミュレーションしていきます。最初に元手となる資金を、自己資産と融資などによるものとで分けて算出します。次に、自分が魅力的だと思えた物件の資料を取り寄せ、不動産会社に問い合わせて現地確認をします。熟慮の末に購入を申し込み後、自己資産だけでの購入が難しければ融資が見込める機関に出向き、融資の審査と契約を締結します。それらの手続きが終わった後、初めて物件が自分のものになるのです。専門知識を必要とする場合も多々あるので、自分で管理しきれない部分や疑問点が出てきた場合は、専門の業者に委託するという方法もあります。業者によっては物件を紹介する所から手配してくれる初期段階からのサポート体制がしっかりしている所もあり、その様な業者に委託して手続きを代行して貰うのも一つの手です。