アパートを購入する際に注意したい点

不動投資には少ない自己資金からでも大きな投資ができることや不動産という実物の資産が残るなどのメリットがあります。不動産投資の中でも、今回はアパート経営について紹介していきます。アパート経営をする際にまず重要になってくるのが、新築のアパートと中古のアパートどちらを購入すればいいかということです。新築と中古では、投資金額、リスクや収益性なども変わってくるので、慎重に選びましょう。また、アパート経営はワンルームマンションの投資に比べると、ほとんどが土地と建物の購入になるので、投資金額がかかることや、部屋数も多いので入居審査や建物の修繕などを行う手間とコストがかかってくるということと、アパートの方が金額は大きいので、売却してから買い手がつくのにより時間がかかる可能性もあります。

新築と中古アパートのメリットと適性

新築アパートのメリットで一番大きいのは、新しくて綺麗なので入居者が決まりやすい傾向にあるということと、新築の場合は、約10年は大規模な修繕をすることがないのでコストが抑えられるところです。中古アパートのメリットは建物自体の価値が下がっているので、初期費用が抑えられるところで、この抑えた費用で内装のリフォームも可能になるということです。今は古い建物でもリノベーションをして現代的なおしゃれな内装にすることも流行っているので、リフォームすることで買い手がつくことも十分に考えられます。購入資金に余裕のある方で管理にあまり手間をかけない方は新築、初期費用は抑えて、高い利回りの物件が希望という方には中古の物件が合っているかもしれません。また、不動産投資の経験がある方には中古の物件を購入して、自分なりの管理体制を整えていくのもいいと思います。

アパート経営を失敗しないようにする為には

基本的なことではありますが、アパートを購入する前にはアパート経営について学ばなくてはいけません。インターネットなどで実際に経営されている方のブログを読み、参考になる記事読んで情報収集するのもいいですが、初心者であれば、まずは不動産投資のセミナーに参加することをおすすめします。独学よりも専門の方に直接話を聞いた方が分かりやすいです。そこから本などを買って基礎知識を身に付けていくといいでしょう。アパート経営の基礎を学んだら、次は不動産会社を見つけます。収益が得られて経営が成功につながるかどうかはどの不動産会社を選ぶかによっても変わってきますので、様々な不動産会社に資料請求をしたり、セミナーに行ったりしてその中から自分が良いと思う会社を選びましょう。物件を探す際には、交通の便や周辺環境、管理や防犯などの点も見て、賃貸として需要が高い物件かどうかを見極めるのもポイントです。