実際にアパートの購入を決断した方の声

手元にある資金で投資をしたいと思ってもなかなか一歩を踏み出すことは難しいものです。実際にアパートを購入してオーナーになった方の声を聞くことにより失敗の無い購入、オーナーとしての経営が出来ます。しかし、その人にとっては良い物件と言われているからといって必ずしも、他の人にも当てはまるとは限りません。購入する前にしっかり見極めて自分に合った条件の物件を購入すると良いです。部屋が南向きや、駅から近いなど好立地な物件は入居者が決まりやすいが、その分購入する時の価格が高いので投資効果を考えて購入しなければいけません。魅力的な物件があっても、すぐに飛びつかずに色々な角度からその物件や条件を見つめて本当に自分に合った物かどうかを見極めてから購入することで失敗の無いアパート経営が出来ます。

アパートを購入する際に注意すべき点

アパートを購入する場合に初めてだと分からない事も多いです。ある程度、注意しなければいけないことは勉強しておく必要があります。中古のアパートを購入する場合、やはり多かれ少なかれリフォームは必要になります。当然、仲介業者は綺麗な方が借りても付きやすくて良いとすすめてきますが初心者だからといって仲介業者にまかせっきりにすると、あれもこれも綺麗にしましょうと言われてしまい金額がかなりかかってしまう可能性がありますので仲介業者とは利害関係が無いリフォーム会社に自分で依頼して見積もりを別で出してもらうと良いです。また購入後もなにかとお金はかかってきます。維持するのにかかる諸費用、税金がどれくらいになるかもしっかりと把握しておく必要があります。表面的にかかる費用ばかりに目を奪われがちになりますので気を付けることが大切です。

アパートを購入した場合の利点とは

アパートを購入した場合、大家として経営していくわけですがアパートにしっかりと入居者が安定していれば長期的に家賃収入があるので安泰です。老後の生活で資金が不安な人は、今ある資産でアパートを購入して家賃収入で老後を過ごすという人も多くいます。老後もずっと安心して暮らすことが出来るのは最大の利点です。またアパートは財産ですので自分が無くなった時には生命保険と同様に財産分与として残された家族に与えることが出来ます。そのままアパート経営をしてもいいし、売却して資金にするなど家族の自由に使うことが出来るのも利点と言えます。それ以外にもローンを組んで手軽に始められるという利点もあります。ローンは家賃収入から返済することが可能ですので、入居者が安定していれば購入した後も返済資金に困ることなく少ない資産でも運用することが出来ます。