最新情報!スポーツジムin姫路

HOME > スポーツジムの豆知識-姫路編- > 高齢者とのコミュニケーションを大事にするスポーツジム

高齢者とのコミュニケーションを大事にするスポーツジム

 姫路県ではスポーツが盛んに行われておりスポーツジムなども、健康を考えている高齢者など多くの人が通っている娯楽施設としても意義を持っています。
スポーツジムには指導者としてトレーナーやインストラクターがいますので、指導を受けることで安全に快適にトレーニングやスポーツをすることができます。
スポーツ指導にはコミュニケーションスキルも高くないといけないのですが、プレーヤーの話を聞いたり答えたりすることで気持ちを共感することができます。
根気よく最後まで話を聞いてあげることで相手との信頼関係を築くことができますし、運動をする人にとっても安心感ができることがいえます。
その為にもコミュニケーションの原則で相手を理解する姿勢というのはとても重要であり、指導をする上でのスキルにも繋がってきます。

 コミュニケーションの重要性はわかっているのですが、それが上手くいかないことも難しさのひとつです。
特にスポーツジムのトレーナーでは、年齢も若い人がやっていることが多いので、社会生活がまだ乏しいということがいえます。
相手の気持ちに共感して、否定せずに受け入れようとすることで自身の努力が必要となり、指導される側が何でも言うことを聞く位置という概念を持ってはいけません。
特に高齢者に取って運動指導というのは楽しむためのものであり、ストレス解消や人生の生きがいとなっていることも多くあります。
その為にもトレーナーやインストラクターなどの指導者は、話しやすい状況を作ってあげることも必要となります。
高齢者の話しやすい状況は、やはり話し方をゆっくりとわかりやすいようにすることです。

 指導者の表情や態度、またジェスチャーなどの行動によって、相手にわかりやすく話しやすい環境を作ることが可能です。
表情では常に笑顔を絶やさずにどのような話でも臨機応変に悩んでいる場合には真剣な表情、困っている時には明るい笑顔、相手の求めている状況を考えることでコントロールすることができます。
態度ではしっかりと直立姿勢で話を聞いてあげることなので、ポケットに手を突っ込んだり体を斜めに傾けた態度をとることはいけません。
高齢者にとって助かるのはジェスチャーがあると話しやすい感興になり、身振り手振りで話をすることでわかりやすくなります。
こういった行動をすることで信頼関係を作ることができるのでスポーツを楽しむ現場では、指導者と受けて側のコミュニケーションは重要なスキルになります。

▲ ページトップへ